リブロ

コンセプト


ご訪問者数

本日   昨日

アクセス回数

本日   昨日

再生玩具倶楽部
電車ライブラリー
学びの広場|将棋


[ リブロのコンセプト ]

@レゴを子供のお小遣いで気軽に楽しんでもらいたい。
 最近のレゴは高級品になってしまい、子供のお小遣いで気軽に買える値段ではなくなってしまいました。1つのセットが数千円すると、親御さんも週末のお土産として買うことには躊躇してしまいます。したがって現在では誕生日やクリスマスといったイベントに購入するのが慣例となっているようです。
 そこで当店では気軽に買える値段として子供のお小遣いで手の届く100円単位のパーツセットと、レシピ付きの作品を100円から500円とお手ごろな価格設定でご用意しました。これなら小学生のお子さんにもお小遣いで購入できる金額です。自分の意志で自分の好きな商品を購入することも子供の自立を促します。

Aレゴのプラモデル化に逆行したい。
 最近のレゴはプラモデル化したと言っても良いでしょう。説明書に従ってパーツを組み立て、完成したら飾って終わりです。作品の完成度が高く、本物志向であるのは素晴らしいことですが、それがはたして子供のためになるのでしょうか。組み立てはたいていお父さんの役目なので、作りかえることをお父さんは喜びませんし、子供自身も苦労して作ってくれた作品を壊すことに気が引けます。昔は簡単な作品が多かったので、子供が説明書を見ながら作ることができ、何度かそれを繰り返すうちに、その過程で覚えたパーツの使い方を応用して、オリジナルの作品を作って遊んだものです。特殊パーツや専用パーツも少なかったので、ブロックやプレートを組み合わせて、創造力を膨らませながら作品作りを楽しみました。
 当店では子供が自力で作れる簡単な作品のレシピを提供します。その作品を作りことでパーツの使い方を覚ることで、素晴らしいオリジナル作品を沢山作ることにつながると思います。

Bレゴを捨てないで長く使ってもらいたい。
 レゴブロックは子供から大人まで幅広い年齢層に楽しまれる玩具ですが、お子さんが大きくなると押入れや倉庫に眠ってしまい、最終的には廃棄処分となります。電子部品や金属が含まれていないので可燃物として廃棄しやすいことも理由のひとつです。レゴは購入から30年経過しても購入時と同じように遊べる高品質の玩具ですから廃棄処分は大変なげかわしいことです。レゴの愛好者としては、なんとかこの傾向に歯止めをかけたいのです。
 廃棄処分されるもうひとつの要因はレゴのリサイクルが進んでいないことです。リサイクルショップで買い取ってもらえるのは、未開封品や箱付きのセット品に限られており、複数の商品が混在してしまうと売れ行きが落ちてしまうので買い取りが難しくなってしまいます。
 そこで当店ではレゴの様々なリユース、リサイクルの方法に挑戦しております。まずはパーツは数え切れないくらいの種類に注目して、パーツの単品販売を実施しております。この圧倒的なパーツの多様性はレゴの魅力です。ひとつひとつ細かなパーツをご紹介するのは大変手間のかかることですが全力で頑張ります。


トップページに戻る