「アールドリーム」のサイトにようこそおいで頂きました。

最近の子供の玩具には高級志向を強く感じます。単純に玩具が高価で両親のお小遣いで簡単に買えるものではなくなりました。これは子供にとって良い状況とは思えません。微力ながらこの世相にあらがって、子供たちのために頑張りたいと思っています。

昔よく遊んだ玩具の代表選手はレゴとプラレールです。自分の好みの作品やレイアウトをつくれることが楽しくて、時間を忘れて夜中まで遊んだものです。

しかしレゴはすっかり様変わりしてしまいました。最近のレゴはプラモデル化し、説明書に従ってパーツを組み立て、完成したら飾って終わりです。作品の完成度が高く、本物志向であるのは素晴らしいことですが、それに子供が手を加えてオリジナルの作品に作りかえるのは気が引けます。たいてい組み立てはお父さんの役目なので、作りかえることをお父さんは喜びませんし、子ども自身も苦労してお父さんが作ってくれた作品を壊すことはできません。、店長が子供の頃は、説明書で何度か完成品を作ったらバラバラにしてしまい、その作品を作る過程で得たパーツの使い方を生かして、オリジナルの作品をつくって遊んだものです。特殊パーツや専用パーツも少なかったので、ブロックやプレートを組み合わせて、創造力を膨らませながら、作品作りに楽しんだ思い出があります。レゴは創造力を形にしてくれる素晴らしい玩具であることは今も変わりませんし、30年経過してもパーツのサイズが変わらず、昔のものと今のものが同じように組み立てて遊べることも他の玩具にはない魅力です。

またプラレールも30年経過しても、同じように線路がつながり、同じような電車が走れるのは素晴らしいことですが、変わってしまったことがあります。以前は電池からモーターへの通電には金属板を利用していたので頑丈で、子供が乱暴に遊んでも壊れにくかったです。またプラスドライバーで分解できたのでパーツ交換や修理も子供たちが自ら実施して、さながら車両基地の作業員に扮して、車両のメンテナンスを楽しんでいました。しかし最近ではプラスネジが三角ネジに変更されたので、専用工具がないご家庭では直すことができなくなってしまいました。安全性の面から考えれば、メーカーとしてはやむをえない処置だとは思うのですが、子供の側からすれば大きな楽しみをひとつ奪われた感じです。また通電部品が金属板から配線に変更されつつあるので、落下や転倒時の衝撃に弱く、壊れやすくなってしました。壊れやすく、修理もしにくくなると捨てるしかありません。親の立場からすれば、我が子に物を大切にする気持ちや壊れた時に自分で修理するようなたくましさが育って欲しいと誰しも思っています。その機会は少しずつですがプラレールの遊びからは失われているように感じます。

話は変わりますが、元々当店は不要になった玩具を次の世代に引き継ぐイベントが原点となっています。子供が大きくなれば玩具は倉庫や押入れに眠ってしまい、やがて捨てられてしまう運命です。思い出の詰まった玩具を次の世代に引き継いでいこうというこの企画はメディアなどでも取り上げられて、玩具の寄付を継続して頂ける様になりました。イベント会場では玩具の修理を実施したり、リサイクルの玩具を再構築して楽しいプレイスペースを設置したりと多くの子供たちに楽しんで頂いております。玩具の寄付の増加とともにイベント開催も増え、開催の経費や保管倉庫代など様々な経費がかかるようになってきましたので、玩具を最大限生かすためにリサイクルショップの看板を掲げることになりました。今度はこの看板を生かして、玩具をもっと子供たちに楽しんでもらえるように働きかけていきます。よろしくお願い致します。



【商品一覧】
プラレール  レゴブロック  玩具の修理 
お問い合わせ



ご訪問者数

本日   昨日

アクセス回数

本日   昨日